専業主婦におすすめのお金の借り方とは

現在は、総量規制と言う制度があり、貸金業者からお金を借りる場合自分の収入の3分が1を上限になります。専業主婦は収入が無いので、この場合にはお金を借りることはできません。

 

しかし、総量規制の対象となるのは貸金業者であり、貸金業者とは、消費者金融・クレジット会社(キャッシング枠)・信販会社のことを言い、銀行は含まれません。したがって、専業主婦が銀行からお金を借りること可能です。銀行からの貸し付けは、各銀行系カードローンでも総量規制対象外になります。銀行系カードローンの申込の際「20歳から65歳で安定した継続収入がある人」などが条件になっていることが一般的ですが、配偶者がきちんと働いていて安定した継続収入があれば、専業主婦の人でも問題無いとする銀行が少なくありません。

 

銀行系カードローンの審査を通すポイントは、申し込む金額を少なくすることで、やはり、借りる額が大きいと審査は厳しくなってしまいます。本当に必要な分だけ申し込むと良いです。また、収入証明不要な所がありますが、こういった所の方が通りやすい傾向があります。専業主婦の場合は、貸し付け上限が低く設定されているので、銀行系カードローンからお金を借りられる額は限られていると言えます。

トップへ戻る