身内からお金を借りる

お金を借りるというと銀行や消費者金融などが提供するカードローンを思い浮かべる人が多いのですが、まずは身内からお金を借りることを検討してみてはいかがでしょうか。銀行や消費者金融はあくまでも事業の一環としてカードローンのサービスを提供していますので、利用に対する対価として一定の利息を支払うことが必要になります。毎月の返済日にはあらかじめ決められた金額をしっかりと返済することが必要になりますし、返済が滞ると延滞利息などを請求されることになります。返済不能に陥ってしまうと最悪の場合には法的措置が行われ、社会生活に様々な支障をきたすことになるのです。

 

身内からお金を借りるのであれば高額の利息を支払う必要はありませんし、返済に困ってもお願いをすれば待ってもらえるかもしれません。一般的な社会人の人の場合には、兄弟に借金を申し込んでみることを検討しましょう。主婦の場合には旦那に、若い人の場合には祖母(おばあちゃん)に申し込んでみてください。高齢者の場合には子供や孫に借金を申し込むという方法がありますが、これはさすがにちょっと恥ずかしいといえるでしょう。歳をとると何かとお金が必要になりますので、若いうちから計画的に貯金をして老後に備えることをおすすめしたいと思います。

トップへ戻る