身近な人からお金を借りる

お金を借りる方法として先ず思いつくのが身近な人から借りることです。その相手としては親や兄弟、友達や知人だけでなく、恋人や同僚などです。先輩や上司からはそれほど多くありません。また異性よりも同性のほうが借金しやすいようです。金額もほんのわずかな金額から数百万円やそれ以上といった高額な金額にまで至ることがあります。身近な人から借りる場合にしなければならないことは借金の返済について具体的にきちんと相手に説明し、了承を得ることです。

 

これは金額の多少に関係がありません。またある程度まとまった金額ならば、借用書を書くことも必要です。そして当たり前のことですが返済できる範囲を超えて借金しないことも大切です。親や親しい友達など相手とのつながりが深ければ深いほど借りる金額が大きくなったり、また予定通りの返済ができにくくなったりするケースもたまに見受けられます。そうなると相手からの信頼を失ったり、人間関係にひびが入ることにもなりかねません。銀行やローンを行なう業者と違い、身近な人から特に借金が少額であった場合、早く返してほしいとはいいにくいものです。ですからそれに甘えないようきちんと返済することが最も大切です。

トップへ戻る