外国籍の方におすすめのお金の借り方とは

外国人や外国籍の人が金融機関からお金を借りるなら、在留カードか特別永住権証明書の提出と安定した収入と日本語の読み書きを問題なくできる能力それに在留期間が十分に残っていることが求められます。在留カードには就労不可との記載がなく就労ビザを持つのが原則で、収入が少なくてもある程度長い期間日本で仕事をしてしかも同じ会社で働いていることが安定した職があり返済能力に優れているとされます。

 

日本語の読み書きと十分な在留期間は返済で貸し倒れなどのトラブルを起こさないために重要です。永住権があればお金を借りるのは比較的簡単ですが、もしなければ銀行系カードローンは審査が通りにくくそれどころか申し込みを受け付けてもらえません。そこで日本でクレジットカードを作りそのキャッシング枠で借りたり、消費者金融のキャッシングを利用したりするのが良いとされます。クレジットカードは比較的簡単に作れますが、消費者金融は企業によって対応が変わることがあるので注意が必要です。

 

外国で日本人がお金を借りるのが難しいように、日本で外国人がお金を借りるのは信用を得ない限り容易ではありません。申し込む前に計画的な利用を自覚できて日頃の就労をきちんとすることです。

トップへ戻る