銀行系でお金を借りるメリットを紹介

銀行系でお金を借りる方法として、銀行カードローンやキャッシングがあります。これらの利用が可能な銀行系として銀行や郵便局のゆうちょや、農協が代表的な施設です。銀行カードローンは、使用目的が限定されないので利用しやすいのが特徴です。個人が無担保で銀行からお金を借りる方法になります。利用が出来るまでに審査が早いので、キャッシングを急いで利用したい方にとって便利です。

 

目的別ローンと異なり借りられる限度額が低いですが、色々な目的で利用できるのが特徴です。また銀行カードローンは、消費者金融から借りるより利息や手数料が安いのがメリットになります。銀行のキャッシュカードがあれば、専用サイトから融資の申し込みをして銀行系のATMから利用が可能です。コンビニやスーパーなど多くの場所にこのATMがあるので、手軽にお金を銀行から借りる方法になります。

 

申し込みをした当日に利用が可能になるので、急いで現金が必要な方にとってこの方法を知っておくと便利です。ローン専用カードを申し込み後に発行してもらう場合がありますが、これは口座を持っていない方が可能な方法になり、アルバイトやパート一定収入のある仕事をしていると可能です。

 

消費者金融でお金を借りるメリットを紹介

お金の借入を考えた際は、消費者金融が利便性や審査の早さなどを考えると候補のひとつにあがります。お金を借りるためには、まずは審査の申し込みを行い、必要な書類を提出します。その後は信用情報機関へ参照、在籍確認が行われ、問題がなければ契約の成立となるのが一般的です。お金の受け取り方については、カード発行によるATMを利用か、指定の銀行口座への振り込みになります。

 

なかにはスマートフォンのアプリを使ったカードレスでのATMの利用ができるサービスを展開している大手消費者金融もあるため、細かい希望は比較した上で選択するのが良いでしょう。さらに審査時間や受付時間も異なりますので、急いでいる場合には融資までの期間が短いものを選びます。銀行振込を選択した場合は、ネットバンクなどの一部を除いて翌営業日の手続きとなることがありますので注意が必要です。

 

 

大手のカードローンやキャッシングの審査に落ちてしまった方は、中堅の消費者金融や、さらに規模の小さな中小のところを検討すると審査に通る場合があります。総量規制の範囲内の借入や返済能力の判断は必要ですが、大手とは違った独自の審査基準を持っているからです。条件次第ではお金を借りられる可能性があります。

最短即日でカードローンを作るには

今すぐにでもお金を借りたいと考えた時に重宝できるのが消費者金融の存在です。以前は銀行系のカードローンでも即日融資が可能でしたが、2018年からは審査手続きが増えたため、今日中にお金を借りたいという場合には選択肢から外れてしまいます。対して消費者金融では審査は最短30分、融資まで最短1時間と謳っているところもあるのです。そのため、緊急でお金が必要になった場合には、覚えておいて損はありません。

 

また、申し込みの方法も豊富に用意されています。インターネットでも、携帯でも申し込むことが可能です。特にインターネットからの申し込みであれば、スマートフォンがあれば必要な時にどこでも行うことができます。なかでも大手消費者金融のプロミスでは、インターネットからすべての手続きが完了するだけでなくカードの発行をせずにコンビニのATMで借入を行うことができます。その秘密は「アプリローン」と呼ばれるサービスで、スマートフォンのオリジナルアプリに表示されるQRコードを使用して、カード代わりにする仕組みです。

 

スマートフォンから借入の申し込みを行い、必要な書類はカメラ機能でアップロード、借入はアプリですぐに行えるという画期的なサービスとなっています。

 

誰にもバレずにカードローンに申し込むには

誰にもバレずにお金を借りる方法は意外と多いものです。親にばれないようにしたいとか旦那に内緒でお金を借りたいと言う人も少なくありませんが、このような場合にはインターネットで申し込む方法が最も確実で安心できる方法となっています。インターネットで申し込む方法であれば自分でパソコンに向かってさまざまな情報を入力するだけで簡単に申し込みができるほか、メールでのやりとりで申し込みを完結することができるケースもあるためです。

 

最近では電話をする際も個人名で電話をしてくれるケースが非常に多く、他の人にバレないように処理をしてくれるところも非常に増えています。隠れて借金をする事はあまり良いことではありませんが急にお金が必要になり誰にも相談できないと言う場合には、自分の返済できる範囲でこれらの方法を利用する事は非常に良い方法です。インターネットを利用する方法では簡単にスマートフォンで申し込みをすることもできるので、家の中からだけでなく外出先からでも申し込むことができ非常に利用しやすくなっている状況にあります。
以前は誰にもバレずにお金を借りる方法はなかなか難しいと考えられていましたが、最近では非常に簡単な方法となっており、利用する人が増えているのです。

カードローンに関する質問と回答

無職でもお金を借りる方法
無職の中でも、年金受給者や主婦の場合はお金を借りるのは難しくありません。しかし失業中やニートで無収入者である場合は借金するのはかなり難しい問題です。そんな中での手段としてあるのが生命保険の契約者貸付です。仕組みは生命保険の解約返戻金(解約払戻金)を担保に審査なしでお金を貸してくれるものです。その為に生命保険に入っていないと利用できないのがデメリットになります。他には無利子でお金を貸して貰える国の制度も存在します。生活福祉資金貸付(総合支援資金)がこれに当たり、連帯保証人を立てれば無利子でいない場合は年利1.5パーセントの低金利です。条件は生活に困窮している人で、生活困窮者自立支援制度の「自立相談支援事業」を利用するのが絶対条件で、相談の中で適切と判断されると利用できます。

またカードローンを利用する場合そのほとんどが借りるのは無理ですが、全くない訳ではないことが挙げられます。

ブラックでもお金を借りれる方法
銀行や消費者金融等から返済不能な多額の借り入れを行なっている人や、過去に返済を滞らせた経歴のあるなどの条件に該当する人は、ブラックリストの中に個人の履歴として記録されています。ブラックリストに該当する人は、返済能力や金銭管理能力が問題視されて通常の融資審査では通らない場合があります。このような場合はブラックOKやブラックでもキャッシング可能などの条件を提示している金融機関や、融資可能条件の低い金融機関などを利用するとことで融資を受けることが出来ます。ブラック対応の融資条件を提示して審査に応じる金融機関は、銀行や公的金融機関よりも小規模な消費者金融などが多い傾向があるので、借り入れを希望する場合はそれらの金融機関を探すと見つけやすいです。
自己破産でもお金を借りれる方法
自己破産した後でも、お金を借りることが出来ます。それには信用情報がクリーンになっている必要があります。信用情報がクリーンでなければ、消費者金融からキャッシングをすることは出来ません。信用情報機関によって確認方法は異なりますが、開示手数料は一律千円となっています。先ずインターネットの接続環境を整え、専用サイトにアクセスします。クレジットカードを用意し、カードに登録している電話番号が利用可能か確認します。入力が済めば受付番号が発行され、番号と個人情報を入力することになります。この時に開示報告書を閲覧するためのパスワードが発行されます。情報入力が完了すれば、信用情報開示報告書がPDFファイルでダウンロードできます。
母子家庭でもお金を借りる方法
現在、日本ではさまざまな経済政策が行われていますが、実際に働いている人の生活が裕福になっているとはいえない状況が続いています。特に母子家庭の場合はその影響が大きく現れてくることでしょう。そんなときは我慢せず消費者金融のキャッシングを頼ってみてください。昔の日本なら母子家庭だとキャッシングの審査で弾かれることが多かったですが、最近はそうでもありません。フリーターや派遣、契約社員といろいろな働き方をしている人が増えてきているので、従来のサラリーマンを対象としたものでは儲けられなくなっているからです。重要なのは毎月一定額の収入があるかどうかといえます。そこさえしっかりしていれば、母子家庭であるということは問われないので安心してください。
申込みできる年齢っていくつ?
キャッシングやカードローンは、安定した収入さえあれば何歳でも申し込みできるわけではありません。申し込みが可能な年齢は業者にもよりますが、20歳上から69歳までが一般的です。上限は業者によって60歳から69歳の範囲でバラツキがあるものの、下限は20歳以上と決まっています。民法では未成年者による契約は親の同意が必要とされていますから、親の承諾なしに契約した場合は後から無効とすることができます。このためトラブルが起きないよう、20歳未満の申し込みは受け付けないのが一般的です。ただしクレジットカードに関しては、親の同意があれば18歳以上は契約できますから、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。
電話連絡なしでお金は借りれるの?
従来のキャッシングでは金融会社へ直接出向いたり電話での申し込みの後、返済能力が有るかどうかの審査のため、金融会社が借り入れ希望の人の会社に電話をして在籍確認をされるのが常でした。しかし近年ではスマートフォンやパソコンからインターネットを経由して借り入れることができ、勤務先に連絡されたり自宅への電話なしでキャッシングが完了します。借り入れたことを確認するための郵送物も無く、金融会社と提携する全国のコンビニエンスストアや銀行などのATMネットワークから借り入れも返済も可能です。審査も早く申し込んだ当日に借り入れることができ、金融会社に出向く必要が無いため秘密裏に借り入れして返済したい人には特にインターネットからの申し込みを推奨します。
利息無しでお金は借りれるの?
利息無しでお金を借りる方法としては、国の制度を利用するという方法があります。しかし、役所で厳格な審査を受けなければなりませんし、一定の資金条件を満たしている必要があります。基本的には生活が困難になっている人向けの制度です。金融機関から利息なしで融資を受けるなら、「30日間無利息」といったサービスを利用するしかないでしょう。銀行カードローンでは「利息キャッシュバック」というサービスをやっていることがありますが、実質的には無利息と同じです。こちらは後から支払った利息が口座にキャッシュバックされるという仕組みですので、一時的には利息を支払うことになります。短期間だけ借りるのならばこういったサービスがおすすめです。
土日や夜中にお金を借りる方法
土日や深夜に急にまとまったお金が必要な時、銀行は開いておらず借りる事ができなくて困るというケースがあります。しかし、土曜日や日曜日はもちろん24時間atmでお金を借りられるシステムを用意しているのが消費者金融の無人機です。初めて利用する場合もatmで申し込みが行え、機械に取り付けられている受話器を持ち上げれば本部に繋がり担当者とテレビ電話で面談が出来ます。免許証等の身分証を提示すれば数分でカードを発行してくれて、すぐにお金を借りることが出来ます。申し込みは夜でも受け付けてくれるので、困った時には非常に頼りになる存在です。返済もatmで行なえて朝・昼・夜中関係なしにいつでも返せるようになっています。
総量規制とは?
総量規制とは消費者金融がお金を個人に貸す時の総額を一定額以上貸せないようにするという規制のことです。総額を規制するので総量規制というように言われるという事です。これは消費者金融があまりにも多額のお金を個人に貸してしまって多額の金利負担を強いていたという事があったので、このような上限を規制して多くのお金を貸すことが出来ないようにしたというものです。これは消費者金融に対しての規制になっているので、銀行などの金融機関は総量規制対象外となり、銀行はこの総量規制の対象とはならないので、消費者金融よりも多くのお金を貸すことが出来るという事になっています。つまり、信用によって貸せる金額が変わるシステムという事が言えるのかもしれません。
ヤミ金・サラ金とは?
ヤミ金は法律で定められている金利を無視して無認可でお金を貸している違法な金融業者のことをいいます。10日で1割の高額な利息を設定しているトイチは、ヤミ金業者が多く利用しているのです。また、サラ金以外には消費者金融と呼ばれていて同じ意味で使用されています。サラ金は都道府県などに届け出がされている合法的なサービスで、金利は最大で18パーセントと決められているため、比較的安全性の高いものといえます。その一方で、闇金は暴力や脅迫行為などを用いる違法性の高いものです。闇金以外では悪質業者とも呼ばれていますので、注意する必要があります。このように、それぞれの違いをしっかりと把握しておくことによって、安心して利用できるのです。
更新履歴
トップへ戻る